Skip to content

建物の要件を検討する

建物の定着性というからには、物理的に土地に固着していることが必要だそうです。
建物が物理的に固着しているということで「機械上に建設した建造物で、地上に基脚又は支柱を有しないもの」及び「浮船を利用したもの(ただし、固定したものを除く)」は建物としての要件を満たしていないといえるそうです。
土地へ固着しているというのは、その土地に置いてあるだけみたいなことではだめだそうです。
基礎工事をして土地に固着させられているということが必要だそうです。
そのため、安易に運搬できる切符売り場や入場券売り場なども土地に固着しているとはいえないそうです。そのため、これは建物として取り扱われることはないそうです。
かといって、物理的に動かすことができないから建物かというとそうではないそうです。
反対に動かすことができるものでも建物と考えることは可能だそうです。
家ごと引っ越しをしたりする曳航移転というのをテレビで見たことがありますが、あのように土台石を据えた上に、根太を置くだけの基礎しかない昔ながらの日本家屋も建物だと認められているそうです。
また、土地への固着は、必ずしも土地に直接付着してなくてもいいそうです。
桟橋の上に建てた建物は建物といえるそうです。
永続性ということを考えたら、固着しているだけではだめだそうです。
固着した上に、なおちかつ利用目的相当の長期間継続して土地に付着していることが必要だそうです。移動させることなく利用するものと認められている場合に定着性を認定することができるそうです。
物理的固着だけではなく利用目的を重要視することによって曳航移転できる日本家屋も古くから建物というカテゴリーにはいるということになるそうです。

建物の定着性が地図作成に与える影響もあるのではないかと考えられます。

こうしたものについての知識も多少得ておくとよいかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です