Skip to content

建物について

地図作成をするうえで、建物の表記は大切な要素のひとつなのではないでしょうか?

今回は、登記の対象となる建物というのはどういったものか、またどういった要件が必要なのか考えていきましょう。
登記の対象となる建物というのは、屋根及び周壁及び又はこれらに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものをいうそうです。(不登記規則111条)。
屋根があって壁があって土地の上に建っているということならば、そうだろうなという感じです。
屋根があって壁があって土地に定着しているということと、その目的に供し得るというのは、用途にあった使い方をしていることが必要なのと、それとは別に不動産として独立して取引の対象となり得るものであることが必要だそうです。
建物というのは、民法86条1項により、土地の定着物であり不動産ということになるそうです。
そしてその敷地とは別個の独立した権利の客体となり、土地とは別に登記をすることができるそうです。
そもそも建物とはなにかというのを、民法や不動産登記法に定義がないそうです。
土地に定着している建造物のすべてが登記することができる建物というわけではないそうです。人工的に築造された土地の定着物の中から、登記することのできる建物を選別をしなければならないそうです。
それで選別する方法として、土地の定着物で、屋根があって壁があって(外気分断性)があって、用途にあった使い方をしているかどうかが必要とされているのだそうです。
不動産登記制度というのは、不動産取引の安全と円滑を測るための法制度だそうです。
そのために、登記される不動産には、それ自体独立して取引の対象となることができるものということになるそうです。要するに不動産として経済的価値があるかということだそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です