Skip to content

【地図作成ロケーション:中央区銀座】

【歌舞伎座】


1889年(明治22年)の開業から、120年以上の歴史を蓄えた建築と芸能を誇る歌舞伎座は、2013年に有名建築家のもと改築され、設立当初から5代目の建物となります。伝統建築の代表として、その歴史的意匠を伝承しながらも、首都東京のスタイリッシュな洗練された建築へと様変わりを果たしました。東京地図作成 古から現代としては、歌舞伎などにおける、芸能と人々との関わりを、古から現代に伝える真骨頂でもあります。

第一期、1889~1911年(明治22年~明治44年)初代、歌舞伎座は、現在のような風貌ではなく、外観は洋風建築であったようです。第二期は、1911~1921年(明治44年~大正10年)、一代目の建物の老朽化により、明治44年10月に竣工されましたが、大正10年10月、漏電により焼失してしまいました。

1924~1945年(大正13年~昭和20年)は、第三期に立てられた歌舞伎座は、大正12年の関東大震災を乗り越え、翌年の大正13年に竣工しました。火災や震災などの災害を受けての建て替えもあり、耐震耐火の設備を備えた鉄筋コンクリート建築でありました。昭和20年、戦争による空襲を受けて、外壁の一部を残し焼失してしまいました。

1950~2010年(昭和25年~平成22年)、第四期の歌舞伎座は、空襲によって焼失した建物の一部を修繕し新たに竣工しました。2012年(平成24年)には、登録有形文化財として登録され、第五期へと継承されていきます。

2013年(平成25年)に竣工した第五期の歌舞伎座は、劇場内にもエレベーターやエスカレーターが設置され、高層のオフィスタワーを併設した建築物へと生まれ変わりました。夜間に点灯されるライトアップは、白を基調とした最新鋭の調光技術を屈指した光を創るアートとして、歌舞伎座を彩っています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です