Skip to content

江戸の世界

世界を代表する大都市として、その存在は東アジアの小さな島国の一都市でありながら、その都力はユニークさと独特な感性に満ち溢れている日本の首都東京。歴史上では、幾度となく大火事や水害に見舞われ、都市は機能しないまでにも没することもありましたが、何度も人々の手で豊かな街へと建て直されてきました。

人々が立ち上がる姿が、都市の回復に反映され、何度も蘇ってきた都市「TOKYO」の前身である「EDO」の姿を地図作成とともに、追って行きたいと思います。日本人でありながら、江戸の姿を詳細に語る事の出来る人々は多くはありません。長年の鎖国政策により、文化の流動は国内にとどめられていたにも関わらず、当時の人々の教育水準は高く、経済の成長率なども、すでに世界の中では、驚異的な伸び率に達していたと考えられています。

町人文化や武家社会が中心となった江戸の街づくりは、どのようなコミュニティの働きかけの元、住居環境、商い環境、インフラ設備が整えられてきたのでしょうか?

現代の東京都市を地図作成する中にも、当時の大江戸の影響力を大きく感じる街づくりが残されています。江戸時代を、下町文化と呼ぶ人々もいますが、庶民の遊び心が都市の繁栄に結びついたという考えを持つ人々たちもいます。ユニークな発展を遂げた世界都市東京の前身としての江戸の世界を、様々な角度から追っていきます。